極論:好きじゃなくても一緒に生活できる相手が理想の結婚相手!

スポンサーリンク
婚活実践講座
089photoshootings / Pixabay

「自分にはどんな相手が合うのか?」

婚活していれば、一度はそんなことを考えたりすると思います。
具体的にどんな相手が合うのかを知るには自己分析が不可欠です。
その事についてはこちらの記事にまとめていますのでご覧ください。

アラフォー婚活で最初に確認しておきたい「なぜあなたは結婚したいのか?」
結婚したい! ごく、自然な欲求だと思いますが、なぜか結婚できなくて、悩んでいる女性が大勢います。 私も30代の頃、同じように悩んでいました。 でも、39歳で結婚、41歳で妊娠・出産を経て、現在は1児の母になり、 私が想い描い...

以前私はtwitterで、「極論、好きじゃなくても一緒に生活できる相手が理想。」とつぶやきました。
反響があったので、少し掘り下げて、結婚のリアルな現状を交えつつ、お話ししたいと思います。

結婚後、あなたの旦那さんを見る目は必ず変わる。

このツイートに対して、私は深く共感し、下記のようなツイートをしました。

旦那さんに対してみる目が変わるのは、子どもができた時が一番大きいと思います。
でも、子どもの有無に関わらず、これまで交際してきた期間と比較にならない長い時間を共に過ごすのです。

何もないわけがないですよね。

お互い考え方が変わっていくこともあるでしょう。
両親の介護や突然のリストラ、ふってわいたかのような借金問題、女性問題など、想像もつかないような問題も起こりえます。

そういった時に「この人となら一緒に乗り越えられそう」そう思える相手が理想的だと思いませんか?

思いやりや優しさがあっても、自活能力の乏しい男性はアウト!

「お互いさま」と念をおしておりますが、なんやかや、女性が家事をすることが多くなるものなので、最初は下手でもだんだん慣れてできるようになっていきます。
私も実家にいる頃はまったく料理をしなかったクチですが、結婚後はクックパッドのお世話になりつつ、冷蔵庫にあるものでそこそこ作れるようになりました。

問題は男性です。
結婚するまで実家住まい、もしくは、一人暮らししているけど家事はズボラという男性は要注意です。

「結婚したから家事とか身の回りのこととか全部奥さんにやってもらって幸せ」

こんなこと言ってる男性がいたら、周りの女性から必ず白い目で見られます。

結婚したら、結婚相手に尽くしてあげるんだ、と思っている女性もいると思います。
「多少だらしなくてもいいの、結婚は不得意分野をフォローし合えるものでしょ?」
なるほど、そういう考えもあると思います。

でも、例えば、脱ぎ散らかされた服を回収して洗濯機に入れる、という何気ないことでも、塵も積もれば山となる的にストレスになっていくんですよ。
玄関に揃えもされずに脱ぎ散らかされている靴を整える、使った食器は置きっぱなし、喉が渇いたら「コーヒーいれて」。
いや、自分でいれてよ、なんだったら私のもいれてよ!と思うようになりますよ。

夫婦ケンカでよく見受けられる理由に「なんで自分がやらなくちゃいけないのか」という、家事育児分担の不平等があげられます。
共働きであればなおさらでしょうね。

思いやりとか、やさしさはあっても、自活能力の乏しい男性は、後々奥さんに恨まれます。
子どもが生まれたらなおさらです。

女性にとって理想の結婚相手とは。

かといって、最初から自活能力がある男性でなければいけないということはありません。
一番大切なのは、あなたの要望を聞き入れる素直さがあるかどうかです。

料理が苦手な男性であっても、あなたが簡単なレシピを「一緒に作ろう」と誘ったらノってくれるような。
掃除が苦手な男性であっても、「お風呂掃除だけはお願いしたい」と言えば、やり方を習ってがんばってくれるような。
そういう素直な男性が理想的な結婚相手です。

最初から「自分には無理!」と拒絶するような人は、何か問題が起こった時に頼りにならないだけでなく、何事もあなた任せにして、あとで文句だけ言うような旦那さんになるかもしれませんよ。

結婚は生活です。
旦那さんはあなたと協力して生きていく人生のパートナーです。

「仕事してるから、お金稼いできてるんだからそれで十分」じゃありません。
仕事していようが、家事をしなければゴミ屋敷になるし、食事もロクなことにならないし、不衛生で病気になるかもしれません。
そこまでいったらただの変人です。

相手はあなたの話に耳を傾けてくれますか?
あなたの意見をきこうと相談してくれますか?
例え苦手なことであっても、あなたのためならがんばってくれる人ですか?

結婚相手=恋愛相手ではない。

「好きじゃなくても一緒に生活できる相手が理想。」という言葉に、
「それって仮面夫婦?!」とつっこんでいた方がいましたが、仮面夫婦は一緒に生活したくないのに、一緒に生活している状態ですからね。

「好きじゃなくても一緒に生活できる」というのは、恋愛要素がなくても夫婦になれるし、家族になれると言いたいのです。

「でもやっぱり好きな人とじゃないと結婚できない・・・」

おっしゃる通りです。
でも、アラフォー婚活に恋愛は不要です。
恋愛の先に必ず結婚があるとは限らないからです。
詳しくはこちらの記事に書いたのでご覧ください。

婚活で彼氏探しは時間のムダ!結婚相手を見つけるために必要なマインドを教えます!
婚活をしよう! と、思い立って、あなたはまずなにをしますか? 合コン?マッチングアプリやサイトへの登録? う~ん、でもそれって、恋人を見つけるための手段ですよね。 婚活中の女性がよく、「早く彼氏見つけて結婚したい」と言います...

安心してください。
「一生この人と生きていけそう」
そう思える男性と巡り合えたら、好きという気持ちも出てきますから。
好き!だから一生一緒にいたい!でもいいですが、婚活に疲れ気味のアラフォー女性には少しハードルが高い気がします。

もっと楽に結婚しませんか?!

相手を見る視点を少し変えるだけで、いままで見えなかったものが見えてくるかもしれませんよ。