婚活で彼氏探しは時間のムダ!結婚相手を見つけるために必要なマインドを教えます!

スポンサーリンク
婚活実践講座

婚活をしよう!

と、思い立って、あなたはまずなにをしますか?
合コン?マッチングアプリやサイトへの登録?

う~ん、でもそれって、恋人を見つけるための手段ですよね。
婚活中の女性がよく、「早く彼氏見つけて結婚したい」と言いますが、私は違和感を感じます。

こんなこと、私が言うまでもないと思うんですが、
恋愛の先に必ず結婚があるとは限りませんよ?

結婚するために恋愛感情は必ずしも必要ではありません。
賢明かつ幸せな結婚をするためには、恋愛感情はむしろジャマです。

結婚相手を見つけるために必要なマインドをお話ししていきます!

結婚したいなら、結婚相手を見つけましょう!

結婚したいなら、彼氏や恋人を見つけようとするのではなく、結婚相手を見つけた方が近道です。

彼氏や恋人が必ずしも結婚相手になるとは限らないからです。

「でも、彼氏ができなければ、結婚だってできないでしょう?」

そう考えるのは、あなたが日本の恋愛結婚至上主義に染まっている証拠です。

戦前まではお見合い結婚が主流でした。
「戦前?また古いことを!」と馬鹿にしちゃいけませんよ?
そのおかげもあって、国民の95%は1度は結婚しているんです。
こういう社会なら、あなたもとっくに結婚していたでしょうね。

残念ながら現代では、自分で結婚相手を見つけなければなりません。
恋愛関係にならなければ結婚できないと決めつけることは、自分で結婚のハードルをあげるようなものです。

自由恋愛=自由結婚!「結婚するもしないも、本人次第」が結婚できない原因!

現代において、晩婚、もしくは生涯独身であることは珍しくありません。
それだけ結婚が本人の判断に任せられ、自由だからです。
恋愛関係になっても結婚できないのはこれが理由です。

婚活において見つけるべきは恋人ではなく、結婚相手であることがなんとなくわかってきませんか?

早くから結婚を意識している人は、ハタチで成人した時から「交際=結婚前提」と決めて行動しているように思えます。
恋愛は楽しむものではなく、恋愛には責任を伴うという考えの人は、結婚が早いでしょう。

私自身、アラフォー婚活したくらいですから、20代のころなんて結婚について真剣に考えたことなどありませんでした。
学生時代も彼氏彼女の話しかしてきません。
若ければ若いほど、恋愛の先に結婚があるなんて、意識はしないでしょう。

また、実際に「交際=結婚前提」と言っていたら、「重い女」とレッテルを貼られいたでしょうね。
今思えば、「軽い女」と思われるよりはよほど良いと思います。

重い女でも結婚できる!条件ありきで交際相手を見つける方法とは?
”重い女” なんて失礼な言葉だろうと思います。 逆に”軽い女”というのも、バカにした言い方ですよね。 女に、重いも軽いもありません。 そんな言葉に振り回されないでください! 結婚したいと思うのは普通のことです。 好き...

彼氏と結婚相手の違いはあるの?

「好きだけど、将来は考えられない。」

こんな言葉、ドラマなどでもたまに耳にしますよね。
もし好きな人にこんなことを言われたらショックを受けるだろうし、別れることも考えるんじゃないでしょうか。

つまり、「将来を考えられない人」は結婚相手じゃないんです。

あなた自身が将来を考えられない人、という意味でもあるし、
相手があなたとの将来を考えられない人、という意味でもあります。

将来がない人は、彼氏であっても結婚相手じゃないですよね。

将来がないと考えざるをえない理由はいろいろあります。

  • 相手が結婚を考えていない。
  • あなたが相手との結婚を考えられない。(好きだけど無理)
  • 相手家族とソリが合わない。逆もしかり。
  • 金銭問題、女性問題など、結婚生活を送る上で不安がある。などなど。

上記のような理由は、交際の妨げにはなりません。
でも、結婚の妨げにはなります。

恋愛と結婚は別なんです。
恋愛相手=結婚相手ではないということが、もう少しおわかりいただけたと思います。

倖田やちよの体験談:お見合い結婚も、相手が好きだから結婚するのです。

私はお見合い結婚です。
アラフォー婚活で結婚相談所へ入会して、3ヶ月後に今の主人と出会い、1年後には結婚しました。
お見合いしてから何度かデートを重ねましたが、ここだけの話「面倒」で「億劫」でした。

恋愛感情があれば相手に夢中ですから、どんなに忙しくても合間をぬって、土日は必ず恋人に会いたいと思うことでしょう。

でも、主人に対しては「会いたくて仕方がない」というほどの激しい感情はありませんでした。

それでも「会えば楽しい」「この人とだったら一緒にいれる」「結婚できるかも」そう思える人でした。

恋愛にうとく、女性経験もあまりない人でしたので、女性をキュンとさせたりすることは苦手な不器用な人でしたが、頼れば支えてくれる、必要とすれば応えてくれる人でした。

私は恋におちることなく、だんだん好きになっていったんです。

私は好きな人と結婚し、結婚して子どもが生まれてからも、主人のことが大好きですし大切です。
今では「この人でなければ私は結婚できなかった」とさえ思います。

お見合いは主人と知り合うための手段にすぎませんでした。
結婚相談所に入会しなければ主人と出会うことはできませんでした。
結婚相談所に入会して、本当に良かったと思っています。

「この人でいいのかな?」と不安になったら、家族や友人に紹介しちゃおう!

激しい恋愛感情がないまま、結婚をするのに不安を感じることもあるでしょう。
そういう場合は、周りの信頼のおける人に彼を見てもらうのもテです。

結婚相手としてふさわしいかどうか、第三者の目で判断してもらうんです。

男を見る目がない、男運がない、と嘆く人にも、第三者の目で判断してもらうことは有意義ですよ!

男を見る目に自信がないあなたに大切にして欲しいこと
婚活を長く続けていると、自分の”男を見る目”に自信がなくなってきませんか? 私はそうでした。 やけくそで実の父親に、「良いと思う男連れてきて!」と半分本気で言ったこともあります。 今思えばなんと親不孝なことを言ってしまったのだ...

私も主人と交際3ヶ月で私の両親に会ってもらいました。
両親の判断をあおぎたかったからです。

恋愛結婚であれば、”好き”という気持ちが先走って、家族や周りの反対を押し切ってでも結婚してしまうというパワーがあります。

でも、お見合い結婚ではゆっくり相手を理解し、好きになっていく過程ですから、家族や周りからはむしろ後押しをしてほしいところです。

”恋は盲目”といった状態にならずに、冷静に、第三者の目も借りて結婚相手を吟味することができるのですから、お見合い結婚は離婚率が恋愛結婚より低いのもうなずけますよね。

全国仲人連合会は離婚率について、下記のように発表しています。

  • 恋愛結婚での離婚率 40%
  • お見合い結婚での離婚率 10%

「彼なら大丈夫」「いい人だよ」
あなたが信頼している人からこう言われたら、安心できると思いませんか?

私も、私の両親が主人を気に入ってくれたことによって、安心して交際を続けることができました。

結婚相手を見つけるために必要なマインド!

婚活をするということは、彼氏を作ることではありません。
結婚相手を見つけることです。
恋愛にとらわれていると、婚期がどんどん遅れていってしまうかもしれませんよ。

結婚相手は、相手も結婚したいと考えていることが大前提です。
また、結婚になんの障害もないことも大切です。
うまくいく結婚は、結婚するまでの過程もトントンといくものです。

大失恋してその1年後に別の方と結婚した。

なんて話もよく聞く話でしょう?
縁事というのはそういうものです。

結婚相手候補に対して恋愛感情がもてなくても大丈夫です。
アラフォー女性はいろんなことを経験上知っているだけに、人を好きになること自体、難しくなっています。

でも、一緒にいて楽しい、安心する、やすらぐ、尊敬できる。

胸キュンより、こうした気持ちの方が大切だし、そうした気持ちはいつしか愛情になります。
何十年と人生を共にしていく相手と、穏やかに愛情を育てていくのも、幸せだと思いませんか?

結婚相手は人生の伴侶です。

あなたの人生を半分背負ってくれる覚悟があるか。
あなたも、相手の人生を半分背負う覚悟ができるか。

好きという感情だけでは解決できない問題が、結婚にはあります。

恋愛のトキメキを求めるのではなく、結婚と誠実に向きあってください。
そして、あなたが生涯かけて愛することができる人を見つけてください!

あわせて読みたい!↓↓↓

恋愛至上主義は捨てましょう!アラフォー女性にとって結婚の近道とは?
いつから自由恋愛で結婚するのが当たり前になったんでしょうか。 もともと日本はお見合い文化です。 良い家柄であればあるほど、親同士が決めた許嫁がいたものです。 いいなずけ・・・ちょっと憧れませんか? 漫画とかでよくありますよね...