仕事が辛い!結婚したい!アラフォーだって寿退職できるんです!

スポンサーリンク
ご祝儀袋の画像 婚活成功体験記

私は38歳で結婚相談所に入会、39歳で結婚、41歳で妊娠・出産しました。

結婚、妊娠、出産という、女性にとって人生の転機となる出来事を、アラフォーでまとめて駆け抜けた私が、そもそも結婚したいと考えるようになったのは、仕事への悩みがきっかけでした。

心に深い傷を負った30代、仕事にうちこむ日々。

30歳の頃、結婚を意識していた当時お付き合いしていた人に、フラられてしまいました。
理由は「やちよと結婚したいと思えない」という理由です。

今思えば、当時の私は結婚相手としては不足だったんでしょうね。
ずるずる引きずることなく、早めにリリースしてもらえたのは、良かったと思います。

でも実は、この失恋によって、私は涙一滴も流していません。
「はい、次、つぎ!」と、その日の夜に友人に一斉メールし、出会いの斡旋をお願いしたくらいです。
一応何年かお付き合いしてた相手だったんですけどね(笑)

ただ、なんていうか、早いところこの元彼という存在を私の中から消したかったのだと思います。
自分のことを大切にしてくれない人のために、自分が傷つくなんて許せない!
そんなプライドがありました。

それでも・・・やはり心に傷は負ってたんですね。
その後、恋愛したいとまったく思わなくなってしまったんです。
ときめく対象はもっぱら2次元になってしまいました(苦笑)
もし、ここで、本気で結婚したいと舵をきっていたら、結果はまったく違っていたでしょうね。

でも私は仕事を選びました。
地元の派遣社員を辞め、正社員として東京の企業で働くことになりました。
ありがたいことに与えられた仕事はやりがいのある、とても楽しい仕事でした。
周りの人に「天職だね!」と言われたくらいです。
通勤に2時間かかっていましたが、それでも充実した毎日を過ごしていました。

30代後半、仕事が辛くなってきた。

頼りにしていた上司が別部署へ異動することになり、新しい上司に与えられた仕事はこれまでとまったく違った内容になりました。
環境の変化は思った以上にストレスがかかりました。
2時間通勤も年齢を追うごとに負担になり、身体的な疲労が蓄積していくと共に、仕事にやりがいを感じなくなってしまったのです。

「結婚して専業主婦やりたいな~」

38歳にて寿退職に憧れるだなんて、ちょっとイタイですかね(苦笑)
でも、転職するにも厳しいアラフォーです。

仕事が楽しくない、辛い。
2時間通勤ももうイヤだ。

そんな状況を打破すべく、私は寿退職へ向け行動を起こすことにしました。

「倖田さんは結婚しないの?」

あっけらかんとした私の性格のおかげもあってか、こうきいてくる人が結構いました。
そうきかれた時はこれ幸いとばかりに、

「したいんですよ!誰かいい人紹介してくださいよ~!」

と、あくまで明るくですが、結構本気モードでお願いしたりしていました。

ですが、アラフォーである私に紹介できる相手なんていないんですね。

婚活にケチるな!本気でアラフォー婚活するなら結婚相談所一択ですよ!
「結婚はしたいけど、結婚相談所に入会するのはちょっと・・・。」 こういう人、多いですよね。 実は私の両親も、私が結婚相談所に入会しようと思うと告げたら、 「そこまでしなくても・・・」と言われました。 いや、もうアラフォー...

合コンのアテももうありません。
たまに呼ばれても、人数合わせの既婚者が紛れ込んでいたり、あきらかに結婚する気のない男、彼女いるけど来てる人が相手ではなんの意味もありません。
合コンという名ばかりのただの飲み会でした。
私はお酒も弱いし、家に帰るまで2時間かかるので、夜遊びは大嫌いでしたから、こうした飲み会は苦痛でしかありませんでした。

結婚したい男と出会いたい!結婚相談所への入会を決意!

名ばかりの合コンで出会った男性は、その場限り楽しければOKな人ばかりでした。
結婚したい男の人ってどこにいるんだろう?どこに行けば会えるんだろう?
そう考えていきついたのが結婚相談所でした。

ネット婚活はまったく考えていませんでした。
サクラ業者や体目的のフラチな輩も紛れ込んでいる可能性があるからです。

高額な入会金を支払ってでも結婚したいと考えている男性がいるのが結婚相談所です。

そこにいる男性は結婚について真剣に考えてくれる、それだけでとても誠実に感じました。

倖田やちよ
倖田やちよ

当時、私は結婚に対して男性不信に陥っていたのだと思います。

男性不信かも、と心あたりがある人は、結婚相談所で結婚相手を探すことをオススメします。結婚へ向けての駆け引きをしなくて済むので、それだけでもストレスが軽減されますし、安心してお相手を探すことができますよ。

親にこのことを話したところ、実は少し反対されました。
38歳の娘が結婚相談所へ入会するのを反対するって、どういった心境なんでしょうね(汗)
親は恋愛結婚だったので、結婚相談所というシステムを利用して結婚相手を探すということを、
に感じたのだと思います。

 

でも私はいまさら恋愛する気はありませんでした。
彼氏とのラブラブタイムなんていりません。
私は結婚したかったんです。

仕事を辞めたいから結婚する、それでいいんです!

「仕事を辞めたい」という気持ちは、婚活への活力になります。

仕事から逃げている?
いいんですよ、逃げたって!
自分の幸せが一番でしょう?

ちなみに「仕事を辞めるために結婚する」ではダメです。
目的が「仕事を辞めること」になってしまっているからです。
結婚相手に大変失礼ですし、結婚してから別の悩みが出てきそうです。

私は、私が結婚することによって、私だけでなく、周りの人すべてが笑顔になれるような結婚がしたいと思うようになりました。

仕事に不満を抱いたまま、心身をすり減らす日々より、
結婚相手にならない人との出会いを繰り返す日々より、

親や親せき、友人も安心できるような、
周りの人たちに幸せを与えることができるような、そんな結婚がしたい!

こう考えると、恋人つくってイチャイチャすることなんて、不要に感じてくるんですよね。
実際、アラフォー婚活に恋愛は不要だと私は思っています。

恋愛至上主義は捨てましょう!アラフォー女性にとって結婚の近道とは?
いつから自由恋愛で結婚するのが当たり前になったんでしょうか。 もともと日本はお見合い文化です。 良い家柄であればあるほど、親同士が決めた許嫁がいたものです。 いいなずけ・・・ちょっと憧れませんか? 漫画とかでよくありますよね...

心身共に疲れていた私にとって、結婚相談所での婚活は効率がよく、合っていたと思います。
お見合い回数は4回。
入会して3ヶ月で主人と出会い、その3か月後には成婚退会してます。
たった半年で、結婚が決まったということです。

私は願いどおり、幸せな結婚をして、仕事を辞めました。
今は専業主婦です。
何の悔いもありません。

アラフォーだって寿退職ができます!

仕事辞めたい、結婚したい・・・そう思えた時、
あなたには婚活のビッグウェーブがやってきてるんです!
仕事辞めたいという気持ちを、婚活の活力にしてがんばってください!