アラフォー婚活の始め方|失敗しないための4つのコツ

指輪の画像婚活のはじめ方

35歳からアラフォーと呼ばれる年齢になります。
アラフォーで婚活というと、周りはとうに結婚していて、子どももいて、相手を紹介してもらうにも独身が少ないというのが現状です。
アラフォー婚活は厳しい。これは事実です。

だからこそ、アラフォーは積極的に婚活をしなければ、結婚できません!

私は38歳で結婚相談所へ入会、3ヶ月目で現在の主人と出会い、交際1年待たずに39歳で結婚。
41歳で妊娠・出産を経て、現在は1児の母です。
主人は良き夫であり、良き父親であり、彼の親兄弟も含め、大切な家族が増えました。
私は幸せだと思います。

難しいといわれるアラフォー婚活でも、スムーズに幸せな結婚をすることはできます。
「縁」と言い切ってしまっては元も子もありません。
ちゃんと、失敗しない婚活のはじめ方があるんです。
これから婚活を始めようとするあなたに、失敗しないために必要なコツをお教えします。

【失敗しない婚活のコツその1】なぜ、結婚したいのか考えてみる

なぜ結婚したいのか。
ちゃんと考えたことはありますか?
好きな人がいるなら、彼とずっと一緒にいたい、彼との子どもを産みたいなど、彼を中心とした理由があります。
でも、現在彼と呼べる人や、好きな人がいない場合、結婚したい理由があいまいであることが多いんです。

あなたが結婚したいと思う理由を、ちょっと考えてみてください。

  • 親が結婚しろとうるさいから
  • 世間体が悪いから
  • 子どもが欲しいから
  • 老後が心配だから
  • 仕事を辞めたいから

あるある~な理由ですよね。
でもこれでいいんです。
結婚したい理由としては十分です。

大切なのは、あなたが抱いている結婚への理想を叶えてくれる男性がどんな人かを知ることなんです。

【失敗しない婚活のコツその2】理想の結婚像をイメージしてみる

結婚したい理由を認識した後、次のステップは、理想の結婚像のイメージ化です。

実際に箇条書きしてみてください。

理想の結婚像をイメージすることは、結婚相手の条件につながります。
あなたにとって本当にふさわしい男性がどんな人か、わかるようになります。

例えば、「親が結婚しろとうるさい」から結婚したい。
理想の結婚像は「両親が納得し、できれば義実家とも良い関係を保てる結婚生活」とイメージしたとします。
親や義実家と良い関係を保つ条件はなんでしょう?
同居?いや、現代ではそれは難しいでしょう。
「互いの実家から適当な距離感を保つことができる場所に、夫婦だけで暮らす」というのが条件になってきませんか?
ここで、初めて理想の結婚像に「同居なし」というのが付け加えられます。

でも、「良い関係を保つ」には、あまり遠距離なのもやりづらさが残ります。
やはり、「お互いの実家が行き来しやすい距離にあること」というのも条件に加えるべきでしょう。

ここから導かれる男性像は、

  • 親との関係が良好
  • あなたの親との交流を嫌がらない
  • あなたの実家と近い地域の出身(同じ県内など)

となってきます。

また別の例をあげてみましょう。
「仕事を辞めたい」から結婚したい。
理想の結婚像は「専業主婦」もしくは「別の仕事を探せる」結婚生活になります。
専業主婦になりたいと理想の結婚像をイメージしたとします。
その願いを叶えてくれる男性はどんな人でしょう?

  • 年収●百万(住んでる場所によって生活費は異なります)
  • 専業主婦になることを許してくれる
  • 生活費を任せてくれる(家計を旦那に握られた専業主婦は地獄ですよ)

となってきます。

このように、理想の結婚像を具体的にイメージすることにより、あなたにとってふさわしい男性像が見えてくるのです。

私が実践した「理想の結婚像を具体的にイメージ」した体験について、下記記事にまとめています。参考にしてみてください。

【失敗しない婚活のコツその3】結婚条件の見直し・修正をする

婚活を続けていると、結婚相手の条件が変わることもあります。
設定した条件を「あ、これは無理だわ」と感じることがあるからです。
また、理想の結婚像自体が変化していくこともあります。

こうした変化は婚活を続けていれば起こりうる、あたりまえのことです。

より現実味のある、実現化しそうな条件へ上書き修正していくことは、婚活において大事なことです。

婚活に迷っている人は、たいてい理想の結婚像、結婚相手の条件がブレています。

だから、最初におこなって欲しいのは、「理想の結婚像のイメージ化」「結婚相手の条件」の箇条書きなんです。
箇条書きにして残しておけば、後で見直すことができます。
はたしてその条件は本当に必要だったのか、理想の結婚像は実現可能なのか。
実際に婚活をしてみて初めてわかることもあるので、理想の結婚像や結婚相手の条件の見直し・修正はぜひしてください。

【失敗しない婚活のコツその4】冷静に条件ありきで動く

結婚相手の条件がわかれば、あとはその条件に合った男性を見つけるだけです。
婚活方法によってはまったく出会えないという悲劇も起こりうるので、婚活方法については慎重に決めてください。
婚活方法の選び方について、参考になりそうな記事をこちらのカテゴリーにまとめています。

「条件が合っていても、好きになれない」

こんな嘆きも聞こえてきますが、はっきり言ってしまうと、恋愛と結婚は別物です。

婚活に恋愛を求めると、結婚相手の条件がブレて、理想の結婚像ともかけ離れたものになりかねません。
詳しくはこちらの記事で解説しています。
恋愛結婚の夢を捨てる必要はありませんが、婚活における好意は、恋愛のような激しさは必要ないことを知っておいてください。

婚活は冷静に!理想の結婚を叶えるのはあなた自身

アラフォー婚活において大切なのは、あなたの理想の結婚生活を叶えてくれる男性を見つけることです。
そのためには、まず、自分の理想の結婚生活を具体的にイメージすることが必要です。

婚活は好きな人を見つけることではなく、結婚相手を見つけることです。
恋は一過性のもの。
愛は永久性のもの。
結婚にどちらが必要か、わかりますよね?
恋ができるかどうかより、愛情をもてる相手かどうかが肝心です。

倖田やちよ
倖田やちよ

愛情は家族愛、友人愛、隣人愛、動物愛など、抱く対象が様々存在する、普遍的なものです。結婚に必要なのは、夫婦愛だと私は思います。

婚活は冷静に行いましょう。
好きという気持ちだけに振り回されていると、結婚が遠ざかってしまうかもしれませんよ。

もうすでに婚活をはじめていても、こうした理想の結婚像のイメージ化、結婚相手の条件の箇条書きをしたことがないなら、ぜひやってみてください。
今、交際している相手があなたの理想の結婚を叶えてくれる男性かどうか、なぜ婚活がうまくいかないのか、何かを気づくことができるはずです。

スポンサーリンク
私が実際に婚活した結婚相談所はサンマリエです。アラフォー婚活に強い優良結婚相談所です。 サンマリエ
婚活のはじめ方
スポンサーリンク
倖田 やちよをフォローする
幸せなアラフォー婚活