「幸せなアラフォー婚活メルマガ」をはじめました!ブログより更新頻度高めで、twitterより情報量モリモリです!メルマガでしか語られない情報も!

メルマガについて詳細はこちら

結婚できない焦りで辛い!気持ちが楽になる6つの解消法!

結婚できない焦りで辛い!気持ちが楽になる6つの解消法!婚活疲れの予防法

20代後半の婚活ラッシュのタイミングで結婚できなかった人は、結婚に焦る気持ちを一度や二度もったことがあると思います。

周りの人は結婚できているのに、どうして私は結婚できないの?
結婚どころか、妊娠、出産、育児と、人生のステージをどんどんステップアップしていく人がいる一方で、私は何もできていない、できる気もしない・・・

辛いですよね。
こうした焦り、不安に押しつぶされて、悩み苦しんでいる女性は少なくありません。

結婚できない焦りで辛い時は、どうしたらよいのでしょうか。
この記事では気持ちが楽になる6つの解消法をご紹介します。
なぜ結婚に焦ってしまうのか、その理由や、結婚に焦った時に絶対してはいけないNG行動についても解説しています。
どうぞ最後までお付き合いください。

結婚できない焦りや辛さを解消する6つの方法

結婚できないと焦ってしまって辛い、そんな時に試してみて欲しい解消法です。
結婚できないをできるに変えるコツにもつながるので、ぜひチェックしてくださいね。

結婚までのイメージをしてみる

受験勉強をイメージしてみてください。

みんな、志望校へ受かるために、過去問を解いたり、苦手分野を強化したり、いろんな勉強や努力をしますよね。
「合格する」という強いイメージがあって、合格するために何をすべきかということを自分で考え、行動に移すわけです。

結婚も同じなんです。

早くに結婚を決めた女性は、モテるからとかいう理由ではなく、「いつまでに絶対結婚したい」という確固たる思いがあったからなんです。

「絶対この志望校に受かるんだ!」という強い気持ちで勉強に取り組んでいた人は合格します。
なんとなく勉強している人とは、身につくものが違いますよね。

「絶対何歳までに結婚するんだ!」という強い気持ちで恋愛・交際に取り組んでいた人は、お相手選びにもぬかりはなかったはずです。
彼氏に結婚する気がなかったら、すぱっと切ってしまうような潔さも持ち合わせていることでしょう。
「うかうかしてると捨てられてしまう!」と彼氏に思わせるくらいの、芯の強い女性だと思います。

倖田やちよ
倖田やちよ

少なくとも、私の周りで結婚ラッシュにのった友人たちは、芯の強い女性ばかりです。「今、ここで結婚の決断ができないなら、もういいよ、サヨナラ」って言いそうな女性ばかり。自分の欲しい物は自分で引き寄せる力があるのだと思います。

一方、結婚ラッシュに乗り遅れた人は、そもそも「結婚する」という強いイメージを持っていないことが多いです。

なんとなく好きな人と交際していて、相手にプロポーズされるまで待つつもりでいたとか。
でもなかなかプロポーズしてもらえなくて、気づいたらアラサー・アラフォーだったとか。

20代後半に結婚するには、いつまでに出会い、いつまでに結婚を決めなくてはいけないか、という逆算ができていない為、気づいたら時間切れ、結婚ラッシュに乗り遅れてしまったとか。

これまでの自分を振り返ってみてください。
ぼーっと白馬の王子様を待っていませんでしたか?

彼氏がいたなら、その彼と結婚したいなら、自分からプロポーズしたっていいんですよ!
自分の人生なんですから、結婚のタイミングも自分の好きな時でいいはずです。
結婚のタイミングを彼氏任せにしようとするから、いつまでも待つことになったり、彼にいらぬプレッシャーを与えることによって「重い」とフラれるなんてことが起こるんです。

結婚するには、まず、あなたが「結婚する!」という強いイメージをもちましょう。
一年以内に結婚する!と、期限を付けるた方が良いですね。

今、彼氏もいないんだけど?!一年以内に結婚なんて無理!

いや、全然無理じゃないですよ。
今彼氏がいなくても、これから結婚前提の彼を見つければいいだけのことです。

スタートは出遅れてしまいましたが、これから一年以内に結婚できたら、周りとそんな差はありませんよね?
大丈夫!
まだ全然イケます!

婚活を始める

というわけで、婚活を始めましょう!
結婚に焦ったら、行動あるのみです。

婚活方法にはいろいろありますが、結婚に焦っているなら、最高スピードで結婚できる結婚相談所がおすすめです。

倖田やちよ
倖田やちよ

私自身、当時38歳で結婚相談所で婚活しましたが、出会って一年待たずに入籍、結婚しましたからね!

もし、交際中の彼がいるなら、自分からプロポーズしちゃいましょ。
いいんですよ、自分が結婚したいと思っているなら、女性からプロポーズしたって。

プロポーズして断られたらどうしよう・・・
プロポーズしてフラれたらどうしよう・・・

逆に、男性の立場だったらどうでしょう?
断られても何度もプロポーズする人もいれば、あきらめて立ち去る人もいるでしょう。
女性も同じです。
断られても、交際継続できるなら継続して、また改めてプロポーズするもよし、待ってられないなら次いくもよしです。

彼の都合で自分の人生フラフラさせておくのはもったいないですよ!

「今は結婚できない」と、仕事などの理由で先延ばししてくる男性はやっかいです。
さっさとフってくれればマシなのに、この先に結婚があるかもしれない、とチラつかせてあなたを引き留めるだなんて、ズルイ男です。

あなたに待つ時間があるなら待ってもいいでしょう。
ただし、女性には妊娠・出産のタイムリミットがあります。
あなたが将来子どもをもちたいと考えているなら、あなたの時間を食い潰すような男はさっさと見切りをつけて次にいった方が賢いです。

結婚できないことを焦ったり、不安に思うなら、婚活について婚活のプロに相談ができる結婚相談所で、手厚い婚活サポートを受けながら最速の結婚を目指すことをおススメします。
既に特定の相手がいるなら、自分からアクションを起こしましょう。
結婚できないと悩むなら、結婚しちゃえばいいんです!

結婚式で出会いを探す

憂鬱なお呼ばれ結婚式を、テンションアゲアゲで乗り越える良い方法があります。

ずばり、結婚式をあなたの婚活の場にしてしまうんです!

もちろん、結婚式の主役は新郎新婦ですから、彼らをないがしろにするような行動は慎まなければなりません。
ですが、やはり新しい出会いは期待できる場ですから、活用しない手はありませんよ!

倖田やちよ
倖田やちよ

私は実際に二次会で見かけた男性とデートしたことがありますヨ!

このことについての詳細はこちらの記事にまとめてあるので、ぜひ合わせてお読みください。

結婚式に出会い目的で参加するのはあり?幸せな結婚をするために
本来、結婚式は新郎・新婦を祝う席なので、招かれた人が婚活目的で参加するのは歓迎されません。しかし、結婚式は「結婚っていいな」と、結婚への憧れが増す場でもあります。これまで結婚に無関心だった男性でも、結婚願望がちらっと芽生えちゃうかもしれま...

占いや結婚診断をしてみる

結婚できない焦りや悩みで辛い時は、結婚に向けてできることを色々やってみるのが効果的です。
占いや結婚診断もその一つ。

私はたまたま見つけた結婚診断を受けて、その流れで結婚相談所へ入会しました。
自分自身のことはもちろん、自分にはどんな男性が結婚相手として合うのか、婚活のプロのカウンセリングを無料で受けることができたので、おススメですよ!

占いは年に一度、神社でおみくじ(対面で神主さんから御神託を受けるもの)をする以外はしませんでした。
あとはパワースポットで願掛けしました!
三重県鳥羽市相差(おうさつ)町にある「女性の願いを必ず一つは叶えてくれる」という石神さんに、友人と参拝に行ったりしましたよ!

その時の願いはしっかり叶えていただきました!
お守りの石を、いつかお礼納めに行きたいと思っています。

今しかできないことをやる

今しかできない、つまり独身でなければできないようなことをやりましょう。

例えば、一週間休みをとって海外旅行とか。
温泉つきのホテルなどで高級エステ三昧とか。
同じ独身の友人らとレディースプランでホテルに宿泊して、ルームサービスで豪遊!なんていうのも楽しいですよね。(やった!)

結婚したら、海外国内問わず、夫と置いて自分だけ友人と旅行というのは行きにくくなります。
子どもができたらなおさらです。
友人と気軽にランチ、なんてこともできなくなりますから。

倖田やちよ
倖田やちよ

夜中までゲームやったり、なんてことも、できなくなりますよ~

今、当たり前のようにしているけど、結婚したらできなくなることって、結構多いんですよ。

美容院やネイルサロンで、気兼ねなく自分に投資ができるのも、独身のうちだけです。
共働きしていたとしても、夫婦の財布は合わせて共有財産になりますし、好き勝手に使い放題というわけにはいかなくなります。

自由な独身生活を思い切り謳歌していれば、結婚への焦りで辛いなんてことなくなりますよ!

仕事や趣味に没頭する

本当はあまりおすすめしたくないのですが・・・(汗)
もし、どうしても焦りや不安で辛いというのであれば、一度結婚から離れて、仕事や自分の好きなことに身を置くのもアリです。

逆に、仕事や趣味が充実している時って、結婚願望が薄くなるんですよね。
無理して出会いを求めて婚活なんかしなくても、独りで好き勝手やってる今が楽しい!ってなっちゃうんです。

別に悪い事ではありません。
結婚への焦りや不安から思い悩み、ウツ状態になる人もいるくらですから、かえって明るく暮らしていられた方がいいに決まっています。

でも、結婚は遠のきます。

私自身、30代に仕事と趣味で毎日が充実していて、彼氏いなくても全然平気だったんですけど、結婚したいなら全然平気な状態じゃあないですよね。
はっと気づいたら38歳で、なんだか仕事が疲れてきちゃった、趣味を楽しむ体力も残ってない、なんて状態になってしまいました。

そこからスタートでも結婚できたし、高齢ながら妊娠、出産、育児と人生のステージを遅ればせながら上がってこられたので、なんとかなるさ!と言えなくもないんですが~
ほどほどに、とだけ、申し上げておきます(汗)

これだけはやっちゃダメ!結婚に焦った時のNG行動

結婚できないくて焦って、悩んで辛い時に、これだけはやっちゃダメなNG行動があります。
NG行動をとることによって、自分に返ってくるダメージははかりしれません。
ぜひおさえておきましょう。

自分はダメだと思う

もー、これ、ダメ絶対です。

そもそも結婚できない=ダメじゃないんです。

結婚ができない理由は人それぞれ色々ありますし、仕方がないことも多いんですよ。

例えば、仕事が忙しすぎて、お相手探しをする時間もないなんて人。
実は婚活市場にいる男性に多い理由なんですよ。
別にモテないわけじゃないです。
恋愛に割く時間や気持ちの余裕がなかっただけです。

出会いに恵まれなかった人。
学生の頃は、異性が周りに大勢いるのが当たり前でしたが、社会人になると出会いってそうそうあるものじゃないんですよね。
女性ばかりの職場ということもありますし、男性はいても既婚者だったり、社会人・大人になって自由に恋愛できる場って意外と少ないんです。

社会人になってからも「自然な出会い」にこだわりすぎると、結局出会うことができなくて、婚活市場へようこそ!ということになりかねません。
社会人になったら、積極的に出会いを求めていかないと、お付き合いすることもできないもんなんです。
あなたが特別モテないとか、そういうことじゃないんですね。

つい、周りと自分を比較して「自分はダメだ」と落ち込んでしまうことは誰にでもあります。
でも、落ち込んでもパッと切り替えましょう!

あなたはダメなんかじゃない!
たまたま巡り合わなかっただけですよ!

周りの幸せに嫉妬する

他人の幸せをひがんだり、妬んだりしている時間がもったいないです。
なんの生産性もないのでやめましょう。

他人の幸せを気にしている暇があるなら、自分の幸せのための行動を起こすべきです。
婚活をするもよし、自分を磨くもよし、仕事や自分の好きなことに熱中するもよしです。

とはいえ、嫌でも目や耳に入ってきてしまうことはありますよね。

仲良くしていた友人が結婚して、なんだか話が合わなくて・・・
友人に子どもが生まれたら、話題が子どものことばかりで・・・

なんて。
独身女性あるあるな悩みですよね。
年賀状ひとつとっても、家族写真入りにモヤっとしてしまったりね。
わかります、わかります!
自分の幸せひけらかしてんなヨ!ってね、ひがんだり妬んだりする気持ち、わかるー!

話が合わなくなってきた友人と、無理に仲良くする必要はないですよ。
「話が合わないから、もう連絡してこないで」などとカドをたてる必要はありませんが、連絡する頻度を減らしたり、自然とフェードアウトさせていけばいいでしょう。

年賀状は一年に一度のことですから、パッと近況だけ確認して、あとは水に流しちゃいましょ。
結婚して自分が年賀状を書く番になったら、幸せいっぱいな結婚式の写真で年賀状作っちゃえばいいですよ!

やっきになって相手を探す

周りの結婚ラッシュに推されて、婚活に力を入れるのは悪いことではありません。

でも、誰でもいい!と自暴自棄になってしまうのはNGです。
「妻になる」ことだけに夢中になって、相手のことをよく見極めもせずに勢いで結婚してしまうのは絶対アウトです。

結婚することに憧れていただけで、相手を本当に大切に思っていたわけではないかもしれない

なんて言って、離婚危機に陥ってる人が実在するので、そんなことにならないようにしましょうね!

なぜ結婚に焦るのか?理由を知って対処しよう

そもそもなぜ結婚に焦ってしまうのでしょうか。
焦ってしまう原因を知ることによって、「今、自分が辛いのはこうだからだ」と冷静に対処することができます。
結婚に焦るあまりに自分を見失ってしまわないように、結婚に焦ってしまう理由を知っておきましょう。

周りから取り残された気分になる

周りがどんどん結婚ラッシュで結婚していくと、あの子もあの子もパートナーがいる既婚者・・・と、自分一人独身のまま取り残されたような気分になります。

でも別に、人生結婚がすべてというわけではありません。
結婚を人生設計に組み込んでいない人もいますよね。

結婚するしないより、好きな自分でいられるか、何か熱中できるもの・生きがいをもっているか、ということの方が、長い人生においてよほど大切なことなんですよ。

結婚は縁あってのものなので、自力でどうこうできるものではありません。
婚活をがんばって、やっと結婚できた!というような人以外は、たまたま結婚できただけともいえます。

あなたはたまたま結婚していないだけ。
結婚に本気を出していないだけです。
あなたが本気を出して婚活をしたら、きっと幸せな結婚ができますよ!

親からのプレッシャーが辛い

30代も後半になってアラフォーともなると、親にも諦めムードが漂ってきたりしてましたが(私の場合)。
早く結婚しろ、相手はいないのか、親戚のあの子はもう結婚して子どもも生まれたぞ、なんて、事あるごとにプレッシャーをかけられたら疲れてしまいますよね。

そうしたプレッシャーがあるうちが華ともいえます。
今結婚しないでいつするの?今でしょ!ってね。

「今が一番若い」という言葉があります。
過去と比較すれば確かに年をとってしまいましたが、未来と比較すれば今が一番若いということです。
何であれ先延ばしにしても良いことはないということです。

なので、ここは婚活に本腰を入れる時かもしれませんよ。
何がなんでも結婚してやる!親に二度と余計なこと言わせない!という強い覚悟をもって挑んだ婚活で、実が実らないなんてことはありませんから。

ただし、結婚に対してプレッシャーが強い親というのは、結婚した後は「子ども・孫」に対するプレッシャーが強くなる可能性があります。
「子どもはまだかコール」も相当きついでしょうね。

最終的には「これも自分の人生だから」と相手を静かに制止するしかありません。
結婚も縁、妊娠・出産も、思い通りにいくものではありませんから。

出産のタイムリミットが近づいている

最近では40歳を過ぎた高齢出産もよくきくようになりましたが、やはり女性にとって妊娠・出産に適した年齢層というのは25歳~35歳くらいまでです。
まさにアラサー世代がこれに相当します。

自然に妊娠をし、何のトラブルもなく妊娠を継続でき、母体も赤ちゃんも安心・安全な出産をすることは、実は奇跡的な確率の上に成り立っています。

これが35歳を超えてくると、まず妊娠率が下がります。

卵子や精子の質が下がり、受精率が下がったり、受精しても染色体異常が起こる確率が高くなります。
高齢妊婦は妊娠中の病気、例えば妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にかかりやすくなったり、流産や早産の確率も高くなります。
無事出産した後も、若い頃より体の回復力が落ちているため、母体疲労が長引き、産後うつなどにもつながるので注意が必要です。

専門的なことはわからなくても、なんとなく高齢出産はまずい、やばい気がすると、女性は本能で知っています。
だから、結婚に焦ってしまうんですね。

倖田やちよ
倖田やちよ

私も38歳で婚活をして40歳で妊娠、41歳で出産した身です。もっと早く産んでおきたかったという気持ちは当然あります。
だって40代の身に乳幼児育児って本当に過酷なんですよ!
20代の頃、徹夜してもピンピンしていたあの体力は、育児のためのものだったんだなと、周りの高齢育児ママとぼやいてます。

こればかりはどうしようもありません。
子どもが欲しいなら、一刻も早く子どもを作れる環境を作るほかありません。
婚活、真剣にがんばりましょう!

世間体が気になる

直接言われることはないけれど、テレビで自分と同い年の芸能人の結婚のニュースを目にしたり、職場の後輩が結婚したといったことで、結婚できない自分に焦りを感じること、ありますよね。
それは、本来なら自分もとうに結婚してしかるべき!という本心があなたの中にあるからです。

こういう「◯◯すべき」というべき論は、自分の首をしめるだけで、何の意味もありません。

理想に向かって努力するのは素敵なことです。
でも、努力してもどうにもならないことがあるのは事実です。
いくら婚活で努力しても、良いめぐりあわせ、縁がなければ結婚はできませんから。

世間体が悪い、といいますが、世間はさほどあなたのことを気にしていません。
「結婚して一人前」「子供がいて一人前」なんていう失礼な言葉も気にする必要はありません。
生涯独身でも、子どもが居なくても、世間的に成功をおさめている人はたくさんいます。

世間体などという自分が生み出した幻に惑わされ、結婚に焦る必要なんてありませんよ。

将来に不安を感じる

実は、私はこれでした。
私は一人っ子なので、親を看取ることができるのは私しかいません。
これがものすごい恐怖でした。
とても一人じゃ親を看取れないと思っていました。
だから、どうしても一緒に支えてくれるパートナーが欲しかったんです。

独身者が将来不安を感じることは他にもいろいろありますよね。
万が一怪我や病気になった時、一人だったらどうしよう、だとか。
リストラやその他の事情で働けなくなったらどうしよう、だとか。

倖田やちよ
倖田やちよ

だから独身同士で集まると「将来はシェアハウスに住むか!」といった話で盛り上がるんですがw

将来に不安を感じて結婚に焦ってしまうのは、自然なことです。
将来の不安を払拭するために婚活をがんばる!
それでいいと思います。

結婚の焦りを解消するには結婚するのが一番

結婚の焦りの解消法として6つ挙げてきました。

  • 結婚までのイメージをしてみる
  • 婚活を始める
  • 結婚式で出会いを探す
  • 占いや結婚診断をしてみる
  • 今しかできないことをやる
  • 仕事や趣味に没頭する

私が一番おススメするのは、ずばり「婚活を始める」です。
「もう始めているよ!」という方は、今一度自分の本気度を確認してみてください。

まだ、恋愛から始めようとしていませんか?
まだ、恋愛関係でいいと思っていませんか?

結婚が早い女性は、早くから結婚を意識して行動しています。
結婚できないとヤバイ!と焦りを感じたら、即行動を起こすのみです。

最速で結婚できる婚活サービスは結婚相談所ですが、まだ調べたこともないのであれば、資料請求してみませんか?
こちらのサービスを利用すると、あなたに合った結婚相談所複数社の資料を一括で請求することができます。
まずは知ることから始めましょう!

婚活・結婚おうえんネット

タイトルとURLをコピーしました