お見合い写真でブスとおさらば!アラフォー婚活女性がプロに撮ってもらうべき理由は?

スポンサーリンク
ヘアメイクの画像 婚活で自分磨き

自分のことをブスだって思っているあなた。
年を重ねていくごとに、”ブスだという自信”だけは高まっていきますよね。
とくにアラフォーともなれば、顔だけでなく、体形や髪質も変わってくるもの。
ますます自分の容姿に自信がなくなってきているのではないでしょうか。
容姿に自信がないまま婚活するのって、結構キツイものがありますよね。

そこでぜひチャレンジしていただきたいのが、お見合い写真撮影です!

実は私、お見合い写真を2回撮ったことがあるんです。
もちろん、アラフォーになってからです。

きちんとしたお見合い写真を撮ることによって、婚活へどんな影響があるのか。
私のお見合い写真撮影体験談と一緒にお話ししていきますね。

倖田やちよの実体験:お見合い写真、私は2回も撮りました。

1回目は結婚相談所に入会する前に、2回目は結婚相談所に入会したときに撮影しました。
今回は入会する前のお見合い写真撮影体験をご紹介します。

合コンに参加するもなかなか実らず、ついにお見合いをしようと考えたアラフォーな私。

倖田やちよ
倖田やちよ

お見合いといえばお見合い写真でしょう!

ということで、ネットで調べてお見合い写真のメニューがある写真スタジオを探しました。

倖田やちよ
倖田やちよ

「地名+お見合い写真撮影」「地名+婚活写真撮影」などで検索すると出てきますよ!

すると、和風庭園でお見合い写真が撮れるスタジオを見つけました。

私がこだわったのは、「自然」ということ。

お見合い写真というと、着物を着て、かしこまった感じで撮られるイメージがありましたが、私は自分の自然体を上手に撮って欲しいと思っていました。
そこのスタジオの写真見本はまさに理想的でしたので、早速予約を入れました。

倖田やちよ
倖田やちよ

盛った写真を使っても、お見合いで実際に会ってガッカリさせたら意味ないしね!

当日は多少雲はあったものの、晴れて風もおだやかな絶好の撮影日和になりました。
撮影には男性カメラマンとレフ板を持った女性アシスタントがつきました。

服は自前、ヘアメイクも自分で整えました
服は清楚な白を基調としたワンピースで、髪は普段どおり下ろして巻きました。
私のアイコンと同じ感じです。

あとはもうプロにお任せです!

顔の向き、体の向き、手の位置、目線まで細かく指示されましたが、自然な表情を撮るために雑談しながらの撮影でした。
写真を撮られるのに緊張してしまう、初対面の人と話をすると緊張してしまう、という人もいると思いますが、そこは百戦錬磨のプロのカメラマンです。
上手にエスコートしてくれますよ!

実際に出来上がった写真は満足のいく仕上がりになりました。
喜々としてお見合い写真をバラまきましたよ!
そのかいあって、何人かからお見合い話をいただくことができました!

お見合い写真を撮るメリットその1:綺麗な自分に出会える

スナップショットでもプリクラでも、ベストショットが撮れたら嬉しいですよね!
奇跡の一枚でもいいんです。
私ってまだ捨てたもんじゃないじゃない?と、自信が回復できればOK!

ブスだ、デブだのと、自分を卑下して、だから結婚できないとグチグチするのは、もうやめましょう。
世の中にはブスでデブでも結婚できてる人はたくさんいますよ!
なんであの人が結婚できてるの?って思ったこと、一度くらいあるでしょ!

ブスでデブでもいいんです。
ブスでデブなあなたを好きだと言ってくれる、たった一人の男性を見つければ結婚できるんですから。

とはいえ、プロのカメラマンの技術は素晴らしいです。
カメラ技術だけではないんですよ。
巧みなトークでモデルの気分をやわらげ、自然な表情を引き出すのもカメラマンの腕次第。
ブスとかデブとか関係なく、あなたの魅力を引き出すのがプロカメラマンの仕事です。

人物撮影のプロカメラマンのすごい人の記事を見つけました!

人物撮影をポートレートと呼ぶのはもうやめにしたい。 | ヒーコ | 話題のフォトグラファーによる写真とカメラのWEBマガジン
写真とカメラに関するコラム・チュートリアル・レビューをいま話題のフォトグラファーが掲載するWEBマガジン。レタッチやテクニックに関するセミナーも定期開催。

ここまでのすごい人に撮影してもらう必要はありませんが、少なくとも「お見合い写真」がメニューにあるスタジオのカメラマンなら、こうした「心理的テクニック」も持ち合わせているはず。

倖田やちよ
倖田やちよ

私の時もたくさん褒めていただいたりして、すっごく楽しかったです!機会があればまた撮影していただきたいくらいです♪

プロのカメラマンにお見合い写真を撮ってもらうと、今まで自分も知らなかった綺麗な自分に出会えます。
自信をもって、婚活に挑みましょう!

お見合い写真を撮るメリットその2:本気の婚活ツールが手に入る

例えば、親戚や上司、知りあいに、誰か紹介してほしいとお見合いの斡旋を頼むとします。
その時に自信をもって渡すことができるお見合い写真があれば便利ですよね。
良い写りのスナップ写真でもいいと思いますが、真剣に結婚相手を探しているなら、本気のツール=お見合い写真を使うべきです。

あらたまったものであれば、粗雑に扱われる心配もありません。
渡された相手の気も引き締まることでしょう。
きちんとしたお見合い写真に気が引けてしまうような男性は、そもそも結婚の意識が低い方です。
むしろ、きちんとしたお見合い写真だからこそ、真剣に会ってみようと考えてくれる男性とお見合いしたいですよね。

また、お見合い相手を紹介して欲しいと頼まれた親戚や上司、知りあいにとっても、「これは真剣にお相手を探してあげなければならない」という気持ちになります。
あなたの「結婚したい」という真剣な想いを、お渡しするお見合い写真に込めるのです。

結婚したいとガツガツしてるように思われるのはイヤですか?
適当な相手を紹介されたり、冗談とスルーされる方がもっとイヤじゃないですか?

婚活は情報戦でもあります。
人脈が広い方にお願いするのは効果的です。
ぜひ、お見合い写真を活用して、ツテをたどりまくりましょう。
そして良い方とお見合いして、幸せな結婚をしてください!

お見合い写真を撮影するスタジオの選び方

冒頭でも書きましたが、「地名+お見合い写真撮影」「地名+婚活写真撮影」などで検索すると、最寄りでお見合い写真が撮れるスタジオを探すことができますよ。

倖田やちよ
倖田やちよ

私が実際に撮影したスタジオは残念ながら「お見合い写真」がメニューから無くなっていました。

スタジオ選びのポイントとしては、

  • 「お見合い写真」というメニューがあるかどうか
  • スタジオ屋内での撮影か、外での撮影か
  • プロのヘアメイクの有無

あたりが大事になってきます。
とくに「お見合い写真」というメニューがあるかどうかは重要です。
ぜひ、お見合い写真の経験が豊富なスタジオにお願いしましょう。

スタジオ屋内か、外での撮影かは、好みの問題です。
私はより自然な、スナップ写真に近い雰囲気のお見合い写真にしたかったので、屋外でお見合い写真が撮れるスタジオを選びました。
屋内でも味気ないスタジオではなく、ホテルなどの華やかな屋内で撮影できるスタジオもあります。
髪や服装の乱れ、天気が心配なら、屋内で撮影できるスタジオを選ぶといいでしょう。

プロのヘアメイクについては、なくてもいいかなと思います。
きっと自前メイクより華やかになってしまいますから。
でも、あえてプロにヘアメイクをお願いして、自分に似合うメイクをそこで教わってしまうのもテですね。

婚活の成否は大半がプロフィール写真で決まる!

婚活で一番最初に目にするのは、プロフィール写真ですよね。
あなたもまず見た目で判断しているのではないでしょうか?
逆にあなたも、最初に見た目で判断されているんですよね。

それはもう仕方ありません。
だって、それ以外に情報がないんですもの。
それに、見た目が悪いよりは、良いほうがいいに決まっています。

だからこそ、綺麗な自分を引き出してくれるプロカメラマンによるお見合い写真が大切なんです!

自分の外見を卑下しているヒマがあるなら、プロに頼んでお見合い写真撮りましょう。
綺麗な自分に自信がついたら、そのお見合い写真を使ってガツガツ婚活しましょう!

もし、撮れた写真がイマイチと感じたら、別のスタジオで撮り直してもいいんですよ。

倖田やちよ
倖田やちよ

実際私は結果的にではありますが2回お見合い写真を撮ってますしね!

同じ人とのお見合いはやり直しはききませんが、お見合い写真撮影はやり直しがききます。
ぜひ、あなたが納得する1枚をゲットしてください。
婚活のモチベーションが格段と上がること、まちがいなしですよ!

スポンサーリンク
私が実際に婚活した結婚相談所はサンマリエです。アラフォー婚活に強い優良結婚相談所です。 サンマリエ
婚活で自分磨き
スポンサーリンク
倖田 やちよをフォローする
アラフォー女性の婚活成功への道